<< 喰いタン観た。 | main | 『アンフェア』を観た >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

アキハバラ@DEEP 本と漫画

アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
石田 衣良

アキハバラ@DEEP 1 (1)
アキハバラ@DEEP 1 (1)
石田 衣良, アカネ マコト


さて、上は石田衣良の原作本。
先週くらいに読んですごく面白かったもの。

下は、昨日買った漫画化したやつ。
私としては、イマイチ。

詳しい感想言ってみよう!
本の方は本当に面白かった。

今本が手元にないので、内容は下記をどうぞ。
ていうか、あの雰囲気は私の筆力では語れません。

(以下、文藝春秋HPの紹介ページより引用)
『■内容紹介■
社会からドロップアウトした六人の若者が開発したサーチエンジン「クルーク」。ネット上で人気を高めていく彼らに巨大企業の影が……

「池袋ウエストゲートパーク」シリーズにハマったという方に、ぜひ読んでいただきたいのが本書です。
秋葉原の小さな会社「アキハバラ@DEEP」で働く六人の若者。それぞれ心と体を病み、社会からドロップアウトしてしまった者ばかりだが、最先端の技術と豊かな才能を結集して、AI機能をもつ画期的なサーチエンジンを開発し注目を浴びる。ところが、IT長者の標的とされ……。現代感覚の妙手ならではの、夢と希望にあふれたサクセスストーリーです。(IJ)』



本当に、IWGP好きなら絶対にイケる!
電脳系はあたしもそこまで分かるわけじゃないけど、全然OKグッド
オタクだPCだAIだという以上にすっごく青春。

世のオタクを知らない人たちに、
『俺達だって、必死で青春してるんだ!必死で生きてるんだ!』
って、叫びたくなるような作品だった。

アキハバラとかメイド喫茶とかコスとか、そういうものに抵抗ある人とか興味がない人には、もしかしたら前半はキツいかなぁ。
(このブログ読めてるくらいの人なら全然余裕だと思うケド。)
でも、後半は石田衣良の爽快な雰囲気がたっぷり味わえると思います。

なんというか、秋葉原に行きたくなる話だったなぁ。
石田衣良にしか書けない、最高のあきばストーリーでした。
満足!



一方、漫画版。
表紙買いならぬ題名買い。
うーん、失敗したかな?
どうやら、漫画化するにあたって内容変えてるらしいんだよね。
青春ドキドキ感もなくなってるし。
ていうか、
(ココからネタバレありの愚痴モードに入ります。
しかも、原作の内容知っている人しか理解できないかも。
反転でどうぞ。)

主人公ページが前科アリ!?
ボックスは潔癖症だけが嫌な感じで描かれているわりに、素手になってるシーンあったし。
タイコは(これは個人の感想だけど)正直イメージと全然違ってた。
アキラのかっこいい格闘シーンもなくなってたなぁ。
ていうか、登場人物減ってるし!

ユイさんとはゲームの中でしか会えないんだってさ。
そんなんで次の巻ではいきなりゲームの世界に突入です。

そういえば検索エンジン、「クルーク」っていう名前ですらなくなってる。
デジキャピには電磁波泥棒でプログラム盗まれるし。


なんとなく、アキハバラとオタクを面白おかしく描いてる雰囲気になってる。
これはヒガミかな?
なーんかイマイチ内容がはっきりしないんだよなぁ。
こんな内容じゃ、この漫画読んで原作読みたいっ!って思う人いなくなっちゃうかもよ

なんか最近ぼこぼこ映画やら漫画やらドラマやらになるじゃない?
芥川賞とか直木賞なんてすぐ映画になるし。
今晩WOWOWで『対岸の彼女』やるらしいね。
『博士の愛した数式』は21日公開だっけ。
『ラブ☆コン』ドラマ化だってね。小池徹平で。
『ホスト部』はアニメ化だったっけか?
そういえば、『生協の白石さん』にも映画化の話があったらしいよ。
なんじゃそら、って感じ。
白石さんは断ったそうです。
でも、映画化ならまだマシじゃないかな。
もとが本であろうと、漫画であろうと。

でもなぁ。
漫画にするときは、本当にその漫画家の力量と面白さが比例するじゃない?
それに、文章と絵はやっぱり全然違うし。
文章の細かい描写を漫画じゃ表現しきれない気がするんだよね。

別に漫画をけなしてるわけじゃなくて。
ただ、漫画は本に比べたら文字数というか言葉も抑えなきゃいけないし、
文章で時には何ページにもわたって描かれた風景を一発で限られた紙面であらわさなきゃいけない。
そういう、違いを理解した上で、漫画化してほしいなぁって思う。
漫画化専門の漫画家っていないのかな?

それとも、やっぱり漫画と原作は別モノってとらえた方がいいのかな?
ある人が書いた雰囲気を、そのまま伝えるっていうのは難しいし。
うーん、なんかそっちの方に落ち着きそうだ。

なーんて、漫画化について語ってみたり。
コレに対して叱咤お持ちしております。


結論:原作の方が面白い。


では!
posted by: ゆいこ | メディアミックス 本と漫画 | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:15 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://strange-maiko.jugem.jp/trackback/70