<< 花組「ファントム」を観た! | main | 祝☆一周年! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

夏の読書記録

夏ですねー。
ついに9月になりましたがっ!!!
大学生はまだあと一ヶ月も夏休みがあるんですねぇ〜るんるん

えと、わたしは高1の冬から読んだ小説を全て記録してるのですよ。
読了した日付と題名と著者だけだけど。

つけ始めて、もうすぐ丸3年だけどやっぱ読む本が変わってきてるのね。
昔はライトノベル8連発とかよくあるんだけどさムニョムニョ、今はもっと一般的な本が多いかも。
好きな作家とかがどんどん見えてくるし、本の記録はオススメです!!



んで、去年の夏休みを見てみたら、夏休み中(7月14日〜9月5日)に本を30冊も読んでるんですね。

んで、今年を見てみたら、まだ23冊汗
あと7冊は読まなきゃならん感じなのですよ。
やっぱり公演とかあったから…ねぇ?
だからここ数日、ヒマなのでしゃかりきで読んでます。

とにかく、そんな感じでここ数日で読んだ本を一挙大公開!
どれもいい本でした。
●海辺のカフカ 上・下
海辺のカフカ (上)
海辺のカフカ (上)
村上 春樹

夢中になって読みました。
いいよ!村上春樹!
あたし、7月頃にノルウェイの森読んだのが初めての春樹だったのよ。
今回まだ2作めなんだけど、んもう、ハマったときめき

特にナカタさんとホシノくんの話は好きだったなぁ。
大島さんも魅力的でした。
話の下敷きに、「オイディプス王」があるのね。
大学の講義で読まされたんだけど、本当にそれを課題に指定した教授に感謝!って感じだった。

全部読み終わったときはね、「あ…こう終わるのか…」って思ったの。
終わり方が納得できる気もするし、よく分からない気もする。
でも、作品全体をみたとき、それはあたしが大好きな物語だってことに気づいた。
ま、話自体の評論なんかは確か本もでてるはずだから、詳しいことは言わないつもり。
わたしには印象深い作品として残ったことは間違いないかな。

村上春樹って今まで手ぇ出してなかったんだけど、ちょいとこれからは読んでみますかわいい



●ひとがた流し
ひとがた流し
ひとがた流し
北村 薫

いい話だった。
これは、朝日新聞に連載されてた小説なのよ。
あたし途中まで読んでたんだけど、やっぱ一気に読んでも面白かった。
むしろ、連載だから分散してた魅力が少しずつ繋がって、より際だってたという感じ?

主人公は…千波と牧子と美々とさきと玲ちゃんと…あぁ決められない。
みんなのエピソードが、なんかリアルに心に迫ってくるのよ。
最後のほうで、あたし何故か涙がでて、気がつきゃ号泣してたもん。

本当に、描写が丁寧で、北村薫って本当は女性なんじゃないかって毎回思っちゃうよ。
んなわきゃないけど。

本当に心に沁みる作品です。



●ZOO 1
ZOO〈1〉
ZOO〈1〉
乙一

面白かったぞぇ?
これって、みんなオムニバスで映画になったやつなんだよね?
どれも、全然雰囲気が違う話で、でもそれぞれが魅力的で面白かった。
ものによってはホラーかもしれないけど、そんな気はしなかった。
どれもこんな短編じゃなくて、長編でも書けるような内容ばっかり。
だから、映像にできたんだろうけどね。

あたしは「日だまりの詩」が好きだったなぁ。
なぜか、ロボットと動物しか出てこないのに、すごく人間の心が伝わってくるんだもん。

ZOOの2巻も、はやく読みたいです。




以上!
北村薫・村上春樹・乙一。
今まで以上に、これからもっと、彼らはあたしのお気に入りの作家さんになりそうです。


では!
posted by: ゆいこ | | 11:56 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:56 | - | - |
コメント
 
2006/09/01 11:37 PM
Posted by: σ(´∀`●)明音☆*`:・´、.
ヾ(o・_●・)ノコンバンワァ♪ 汚初ですw
明音と言ぃますw
詳しく書ぃてあって凄く丁寧で良ぃですネッw
私ゎ【学園アリス】ォ調べていたら、此処にたどり着ぃたnですョw
色々書ぃてあって参考になりましたw
また拝見させて頂きますw
(*´ω`)っ【゚.+゚.+:。βуёβуё゚.+:。】
2006/09/02 10:58 AM
Posted by: ゆいこ
明音さん、初めまして!
コメントありがとうございます。

>詳しく書ぃてあって凄く丁寧で良ぃですネッw
わー、こんなに褒めていただいて本当に感謝です。

また、来てくださいねv









トラックバック
 
http://strange-maiko.jugem.jp/trackback/182