<< 今日は不細工 | main | 夏の読書記録 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

花組「ファントム」を観た!

一昨日!
宝塚花組公演『ファントム』を観ました!

いやー、もう素敵だった…ラブ

朝から並んだ甲斐がありました。
今回は朝6時30分に並んだんだけど、そこですでに40番くらい。
いつもならその時間で10番以内に入れるのに、今回はダメでした。
徹夜組も今回は多くて、7・8人居たかなぁ?いつもは多くても3・4人なのに。

やっぱ演目がファントムっていうのも、あったかも。
これからは6時に着くように行こう、うん、行こう。

いつもは1人で本とか読んでるんだけど、今回はお隣のおばさんとずーっとおしゃべり。
でも、やっぱり寂しいから誰か友達と行けば良かったって感じ。
終わった後に、誰とも語れないのはつまらんしねニョロ

そんな感じで、下手に端っこに座っても嫌だから、立ち見にしました。
お立ち見5番。センターから3番目。
ほぼセンターで舞台を観ることができましたー。

では!早速内容語ってみよう!!

あ、ネタばれ有り・見た人しか分からん話なのでそこんとこヨロシク!
泣けました。ニコニコ

まず、最初っからファントム格好良い!ときめき
春野寿美礼のファントムがすっごく素直で、まっすぐで、透明なの!
キャリエールと話してても、なんか純粋に彼を慕ってるように見えて良かった。
キャリエールに乱暴なこというのも、彼を信頼している故なのかなーって思った。
もしくは、甘えてるのかもね。
そう思っちゃうくらい、おさファントムが可愛らしく見えましたラブ

さて、クリスティーヌがパリの街で歌う『メロディ〜♪』のうた。
もう、この歌大好きなんですよ〜ムード
最近気がつくと口ずさんでる。いい歌ですよねv

んで、それを歌ってたのは花組トップ娘役桜乃彩音かわいい
なんか、ちょいと歌は…すこし声質が浅いのかな?
あと微妙に滑舌が…。
まぁ、ここのシーンは歌は《うまいけどまだまだ》っていうレベルの設定だったからよしとしよう。
その証拠にビストロで歌ったメロディは上手かったし。

ただ、ファントムと一緒にやった発声練習?
ドレミファソファレファミ〜、ドレミファソファレミド〜ってやつ。
あれで唐突にファントムが
「もう私に教えられることは何もない」
とかいうのは、ちょっとねぇ…。
もうちょっと引っ張ってもいいんじゃないかと思ったけど。
でもまぁ、その後の
ビストロに「着ていくドレスも用意してあるんだラブ
っていうのが、すんごい可愛かったから許す!

今回の春野ファントムは、もうすっごい純粋さが伝わってくるんだ。
ただまっすぐにクリスティーヌが大好きで。
子どものように純粋に、幼く、まっすぐなの。
特に、クリスティーヌをピクニックに連れて行くところとか!

…可愛すぎる!!
芝生の真ん中にシートとバスケット!
そこに行くときに言うんだなー
「案内するよ…わたしの《領地》にねv」って。
いや〜ん、かっこ可愛すぎるぅラブラブ

もしかして、ファントムはずーっと子どもだったのかも知れないね。
幼い頃、自分の醜い顔を知って、母が死んでからはキャリエールがいるにしろ十分な愛を得られずに生きてきた。
だからこそ、クリスティーヌに『母の愛』を求めてしまったのかも。
醜い顔のファントムを誰よりも美しい我が子だと思ってた母のように…。

そのエピソードを演っているときの歌があたしは大好きだった。
『アヴェマリア〜 お救い下さい』
っていう歌詞なんだけど、旋律がまたいい。
すごく、心に迫ってくる音楽なんだ。
あたしファントムは宙組のCD持ってるんだけどさ、この歌は入ってないんだよね。
この歌聞くためだけに、もう1回行ってもいいと思ってるくらい。

あと自分的に注目なのは真飛聖ぴかぴか
フィリップ・ド・シャンドン伯爵。
プレイボーイ設定。
まとぶんは今まで娘役との深い絡みがあんま無かったらしいんだけど、充分格好良かったよぅ。
さすが、あたしが5年以上前から目をつけてただけあるかなるんるん
イマイチ出番は少なかったんだけど、なんていうか伯爵の若さがよく出てて、その対比が面白かった。


んで、一番泣いたのはあそこです!
キャリエールとの対話。彩吹真央ね。
もうシャンデリアが落ちて、1発腹を撃たれたあとなんだけどね。
キャリエールが「自分がエリックの父親だ」ってことを告白するシーン。
親子のこころのつながりっていうのかな。
このふたりの歌がもう良くて良くて…
あぁ、ダメだ!あたしの文章力では表現できん。
正直クリスティーヌ&ファントムよりもキャリエール&ファントムの絡みのほうがこころに残りました。
嗚咽しまくりのボロ泣きでしたよ。



終わって思い起こすと、心にのこってる演技ってファントムとキャリエール。
あともう一つはあれです。
出雲 綾のカルロッタ!
演技としては誰よりも円熟してる気がしたなぁ。
2004年の宙組ファントムでもカルロッタやってたんだけどさ、本当に素敵。
彼女の演技はみてて本当に素晴らしかったです!

そういえば、春野さんの声の伸びにはびっくりしました。
ファントムが「でも、声はいいだろう?」ってキャリエールに言ったときなんかキュン死にするかと思ったし。
歌は高音も低音も綺麗に伸びるの。
すっごいいい声!




えー、なんかハチャメチャな文章ですが、とにかく楽しかったです!
なんつーか、あの感動や興奮を文字で表すのは不可能だと実感。
ファントムは10月1日までやってます!
是非!誰か一緒に見に行きましょう!!!


では!
posted by: ゆいこ | 宝塚歌劇 | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:16 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://strange-maiko.jugem.jp/trackback/181