<< 初!ブックカバー | main | 都路里喰ったら… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。

…凄かったですよ?
舞台美術(への金の使い方)が。


えー、御無沙汰です。
本日、劇団四季のオペラ座の怪人を観てきました。




注!本日の感想は文句たらたらです。
全てが私の独断と偏見で構成されてます。
四季ファンの人は読まないでね?
あとネタバレ嫌な人も。
責任は、とれません。

では↓↓↓







…爆笑?
なんつーか、観て疲れた

あたし、今まで四季の芝居ってほとんど観たこと無かったのょ。
だから今日は期待も先入観もナシで観たんだけどね…。



開演10分で飽きましたニョロ
正直、早く休憩にならないかと思ったし、一人で来てたなら帰ってたかも。


細かい文句は控えるけど、ぶっちゃけこの舞台を作曲したロイド・ウェーバーと素晴らしい舞台美術が泣いてたよ。

暗転の使い方が下手、シーンのつなぎが変、話の流れが見えにくい、歌への入りかた&歌と歌のつなぎが悪い。




あと舞台の使い方が下手。
立派な舞台美術なのに、その舞台全体の4分の1くらいしか使ってないんだもん。
照明も手抜きすぎだし。
歌ってる人の顔くらい、ちゃんと照らせばいぃのにさ。



あとこれ根本的。
感情が一切伝わって来ない。
この際、役者達が美しくなかったのはどうでもいいからさ。
相手を愛したりってのが伝わらないから、主役たちの歌の内容が全てエゴに聞こえちゃったり。
う〜ん…。。。


一緒に行った子の話では、
「かんじょうは客まかせ」
ってのがあるんだってね、劇団四季。
つまり感情と勘定?
演技とか感情とかは観客の想像に任せるってことだよね?
だとしたら、四季の芝居は形だけってことかしらん。


芝居ってどんな悲劇でも客を楽しませようっていう気持ちが大事だと思うんだけど、それが今回は伝わって来なかった。

まさに凄い舞台装置におんぶに抱っこ。



なんつーか観てて段々イライラしてきてさー。
休憩の時に、一緒に見にきた子たちが
「すごく面白いねーv」
とか言ったら、それに同調しなきゃまずいかなぁとか思ってたけど大丈夫だった。
みんな結構寝てたらしい(笑)


帰りの山手線のなかで、四季の広告見ただけでこんなにイライラした自分をどうしてくれよう怒りマーク


んで、みんなで愚痴ってもすっきりしなかったからこんなにブログにぶっちゃけてる訳ですよ。
普段はここまで書かないからね?



あーもぅ、今日はとにかく、経験値だけ上がったってことで。





今度は宝塚観たいな!
では!
posted by: ゆいこ | 演劇 | 23:52 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:52 | - | - |
コメント
 
2006/08/03 12:08 AM
Posted by: チエゾ
ぅお。いいなー。
最近プロの仕事に飢えてます。
あぁわかる。気迫っていうの?そういうのって演ってる方も観てるほうも割りとすぐ解かっちゃうんだよね。
演じる時は身を削るぐらいの勢いだと嬉しい。
部内公演頑張ってねー。終わったら舞台でも観に行きましょうvvv









トラックバック
 
http://strange-maiko.jugem.jp/trackback/164