<< ミドルネーム占いに挑戦 | main | ほっぺが腫れてるよ? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

気になってた漫画たち。

おとといくらいに、サークルの友人の家に課題手伝いに行って来ましたぁ。
いぃなぁ、一人暮らし。
なんか、携帯でCMを撮りなさい、っていう課題らしくてさ。
あたしはずっとカメラさんカメラでした。

うん、カメラワークとか、15秒におさめるとか、なかなか面白かった。
奥が深い!友達の美声も聞けたしねるんるん

また、みんなの家とか行ってみたいよう!誰か…招いてv(笑




んで、その帰りに駅前の本屋で漫画を2冊購入。
だって、お金持ってたんだもーんラッキー うひ。(←嫌な奴。



●ケーキケーキケーキケーキ

ケーキケーキケーキ
ケーキケーキケーキ

萩尾望都です。

それも、かなーり昔の作品。
多分、デビューしてすぐの頃だと思う。
話の最後に、1970年って書いてあったからね。

フランスのお菓子に魅せられて、菓子職人を目指す女の子の話。
「女が菓子職人なんて…!怒」っていう台詞が時代を表してるたらーっ

んでも、可愛いし、面白い。
あたしはポーの一族とかも好きだけど、こういう初期の作品も好きなのよ。
あんま、妖しい雰囲気がない時代の作品。
多分、母親の実家にあったいろんな古い少女漫画読んでたからかなぁ?

この間も、そこで読んで好きだった古い漫画を書いたのが、竹宮恵子だって知ってびっくりしてたしね。

画力はまだないんだけど、その単純さがいぃという感じ。
やっぱ、当時のはやりの描きかたってあるんだろうね。
割合太いペンで描いてあるの。
アタックNO.1しかり、水野英子しかり。



良かったです。


●寓話 アレゴリア

寓話 アレゴリア
寓話 アレゴリア
榎本 ナリコ

榎本ナリコです。
夏目漱石の「こころ」を漫画化したやつなんか描いてました。

ちなみに、コレね↓↓
こころ
こころ


こっちは「ケーキ〜」とは逆に線が細い。
暗い人、妖しい人、悲しい人、変な人、不幸せな人。
なぜかそういう人をかかせると以上に似合うタッチなのだ。

んで、内容は短編集。
赤ずきんとか、かぐや姫とか、雪の女王とかピーターパンとか。
そんな話をモチーフにかかれた作品集で御座います。

ちなみに、あたしは最初の「セイレーン」(ギリシャ神話)をもとにした話が好きだったかも。


不思議だし、みんな最後ハッピーになるとは限らないんだけど、良いです。
ま、題材自体ハッピーエンドにならないものが多いし。
んでも、なんか気になって読んじゃう作品でした。

こういう寓話を題材にした話って、大好きです。
なんか、不思議で妖しい雰囲気っていうのかなぁ?
小説なら、長野まゆみの『行ってみたいな、童話(よそ)の国』なんかが似てるかもしれない。
…もっと耽美系だけどねあせあせ


とにかく、こいつは保存版ですグッド

読みたいリア友、あたしにメールくれれば貸しますので。




んでは!
posted by: ゆいこ | 漫画 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:32 | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://strange-maiko.jugem.jp/trackback/153